【DTMラボラトリー】

DTM研究部TRACK MAKE課DJ係 音楽機材レビュー発信サイト

MASCHINEとXLN Audio XOを比較してみた。【トラックメイカー向け】

お世話になっております。

トラックメイカーのしばじろうです。

 

掲題の件、絶賛話題沸騰中のビートメイクツール、XLN Audio XOですが、私みたくMASCHINEでビートメイクをしている方も多いかと思われます。

 

それぞれの強みや弱みなどを筆者主観ではありますが、触ってみて感じた事。思った事。を、つらつらと綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

はじめに。

昨今のビートメイクやトラックメイカーの主たるソフトと言っても過言でない位に猛威をふるうMASCHINE。今後のソフトの在り方やビートメイクのハードルを初心者から上級者まで簡単に下げたXLN Audio XO(以下、XO)

両ソフトとも使っていく上で、それぞれの強みや弱み。色々感じましたので、両ソフトを比較として記載していきます。

比較するにあたっての定義。

両ソフトともビートメイク(ドラム打ち込み)と言う事にマトを絞っての比較のみ。

と、定義させていただきます。何故ならば、MASCHINEはDAWだからです。

MASCHINEの強み。やMASCHINEでしか出来ない事。

フィンガードラムも用いたりした、リアルタイムレコーディングなら完全にMASCHINEの勝ちです。フィンガードラムが出来ないリアルタイムレコーディングでもです。

何故か?XO内ではリアルタイムレコーディングが出来ません。これはホストDAWのトラックにMIDIキーボードなりを用いてのレコーディング。となります。

XO内でリアルタイムに完結する事は出来ません。

それを大前提として、頭の中でスケッチが大きく出来ているのなら、MASCHINEの方が仕事は早いです。

また、昨今のclub musicではTRAPなどで見られるHI HATでリズムを構築する連打手法も、MASCHINEならNOTE REPEAT機能でリアルタイムレコーディングにて簡単に打ち込めます。直感をすぐに形に。ってやつですね。

XO内で完結したい場合は、ステップシーケンスで打ち込んでいくので直感をすぐに形にする点では、完全に劣ります。

HI HAT連打などのNOTE REPEATが行いたい時はホストDAWのNOTE REPEAT機能を使うしかありません。

XOの強み。やXOでしか出来ない事。

1音1音の音の作り込みは完全にXOです。しかも簡単に行えるのも魅力です。

全体を加工する点では、DAWであるMASCHINEが外部プラグインエフェクトを使用出来るので有利かと思われますが、XOも完成されたドラムにホストDAWに貼り付けてトラックエフェクトを使用すれば良いだけですので、ここはDRAWな感じと思われます。

音の差し替えや元に戻す(undo的な)場合ではXOです。クリックだけで戻せます。し、5個手前の音に戻したいとなっても簡単に戻せます。

そして、XOはドラム音源素材の管理を担っていますので、素材の管理と素材を貴方のインスピレーションにアプローチする点では先ず他のソフトの追従を許しません。

つまり、スケッチも何もない状態で貴方のインスピレーションを刺激してくるソフトと言う印象。煩雑になりがちなドラム音源などの1ショットも全て映像として紐づけて管理してくれるので、結局似たり寄ったりななんだかんだと、いつも使う音に落ち着きません。どの素材を使おうかな。と言う時間が大幅に短縮できます。

また、プリセットのパターンにドラスティックな物は無く、いい意味で無難且つノれるパターンが数多く存在します。

感動できる点としては、1音1音でのスィングも可能である所や。と、1音のみプリセットからリズムを変えれるのも感動です。例えばクラップのみリズムを複雑にするなど。

スネアだけリバーブ掛けたいなどもです。

MASCHINEの弱み。

完成されたデータの貼り付けなど、ホストDAWとの連携が非常に弱く感じます。

オーディオデータであれば簡単なのですが、ホストDAWに貼り付け後に簡単な編集を行いたいと思ったら、ホストDAWとMASCHINEでMIDI設定を行なった後にMIDIデータとして貼り付けるのか(他にもいちいちな操作もある。)オーディオデータの場合、それが例え小さな編集であったとしてもMASCHINE上に戻り、編集を行わなくてはいけません。その後にまたオーディオデータを貼り付ける。(非常に手間)

この問題は、MASCHINEはあくまでDAWと言う位置付けのソフトですので、仕方が無いのかもしれません。

音源素材の管理もNI社(NKS対応)であれば親切にタグ付けも行われますが、そうでない場合はタグ付けもされずに膨大な量になる素材の中からいちいち探さなくてはいけません。補足としてソートで絞り込む事は出来ますが、それにしても弱い。

未だにどの音にしようか悩んで時間を奪われていると「俺、こんな良い音持ってたんだ。。」と、たまにあります。

XOの弱み。

リアルタイムレコーディングはソフト内で出来ない所です。これは非常に惜しいと思います。何故ならば、ホストDAWへ簡単にMIDIデータとしてドラッグ&ドロップで貼り付けて編集も行えるので、どうせならXOのソフト内で完結できれば嬉しかった。

またソフト内で組み上げれるドラム小説数は最大で4小節となります。

文言で説明すのが非常に難しいのですが、AパターンとBパターンの二つを作ったとしたら、「ABAB」「AABB」の二つのパターンしか作れません。

これはMASCHINEがDAWと違って、XOはソフトだからシーケンスはホストDAWで完結させてね。と言う事と感じます。

ビートメイクとしてはどちらが良いの?

その問いには完全に「二つとも」です。DAWであるMASCHINE。ソフトであるXO。

そもそも比較にならない事は重々承知しておりますが、ビートを組むだけの際に限っては両者ともに「最大な強み」を持っています。

使い分けるのが良いかな。と言うのが今の私の印象。

スケッチが出来ていて、リアルタイムレコーディングが主となる場合は、専用コントローラーもあるMASCHINE。

音の差し替えや1音1音の作り込みも出来る。音源の管理も煩雑でどこに何をしまったか忘れがちな人。や、インスピレーションを掻き立ててくれる偶発的な何かを求める場合はXO。

番外編。

超絶に思った事がありまして、そもそもMASCHINE上でプラグインとしてXOが使えれば「最強」でした。ですが、対応はしていません。。

それが可能であった場合、そこに「無敵」があると感じました。

もっとわがまま言うとMASCHINEでもXOみたく、ホストDAWMIDIデータの貼り付けが簡単に行えれたら本当に「無敵」です。

歩み寄りはMASCHINE側となるので、NI様 本当に検討お願い致します。

最後に。

どちらもオススメである事には変わりありません。

どちらが良い?と言われたら「どちらも良い」としか答える事しか出来ません。

けれども、MASCHINEもXOも私の場合ですと衝撃がや感動がありました。

若干タイムリーに発表されたXOを持ち上げがちですが、それほど「すげー」となりましたし。本当に買って良かったソフト歴代1位です。

まだまだ遊びまくるハゲてる40才。また思う事や感じた事がありましたら記事に致しますので、遊びに来て頂けたら幸いです。

 

 

以上、しばじろうでした!

それでは皆さま、良きトラックメイクLifeを! see ya!!